ソニー、ハイレゾ音源対応のニアフィールドパワードスピーカー SA-Z1を発表


ソニーは、ハイレゾリューション・オーディオ(ハイレゾ)音源対応の、デスクトップなどパーソナルな空間において、高い解像度と広大なステージ感を実現するニアフィールドパワードスピーカー『SA-Z1』を6月20日に発売する。価格は、780,000円(税別)。

『SA-Z1』は、音が直接耳に届くヘッドホンのような高い解像度と、スピーカーリスニングならではの目の前に広がる音場を両立するニアフィールドリスニングを追求。『SA-Z1』をアナログとデジタルの高音質技術を結集したSignature Series(シグネチャーシリーズ)に加えることで、ヘッドホンリスニングだけでなく、PCやウォークマンなどとケーブル一本で接続するパーソナルな空間でのスピーカーリスニングにおいても最高の音楽体験を楽しめるという。

 

主な特長

1. 点音源化によりニアフィールドリスニングにおける高い解像度を実現

スピーカーユニットの同軸配置と、各ユニットからの音波の出力タイミング制御によって、音波の波面を揃え点音源化することで、音像に触れることができそうなほどの高い解像度を実現。トゥイーターとウーファーの中心が同じ軸上にマウントされた同軸構造となっており、一つの軸上でそれぞれのドライバーユニットから出る音を合成することができる。さらに、FPGAと16ch独立駆動制御のマルチアンプシステムにより、各ドライバーユニットから音が出力されるタイミングをFPGAによって綿密にコントロールし、音波の波面を揃えることで、マルチウェイスピーカーでありながら完全な点音源化を実現している。

 

2. 鼓構造とI-ARRAY Systemを搭載し、広大で奥行きのあるステージ感を実現

・クリアで広い指向性の低音域を実現する鼓構造と音道
メインウーファーとアシストウーファーの2 つのウーファーを対向配置して互いの力を打ち消し合う鼓構造を採用し、ウーファーの不要な振動を極限まで抑えることにより、クリアで解像度の高い音を実現。また、音道を通して、アシストウーファーが放射する低音を筐体の側面に放射することで、ニアフィールドリスニングにおいても自然な低音域の広がりを実現する。

・高音域の広指向性と広帯域化を実現するI-ARRAY System
ソニーのコンポーネントオーディオであるESシリーズで開発されたIARRAY Systemは、メイントゥイーターと上下に挟むようにレイアウトされた2つの小口径アシストトゥイーターで構成され、3つのトゥイーターをあたかも1つのトゥイーターのように機能させる技術。口径が大きく、音圧の高いメイントゥイーターと、指向性が広いアシストトゥイーターを合わせることで、高域まで自然で広い音の指向性と広帯域化を実現し、広大なステージ感と実在感のある音像を再現する。

 

3. 進化したD.A.ハイブリッドアンプを搭載 GaN(ガリウムナイトライド)-FETを採用し、100kHz再生を実現
フルデジタルアンプ「S-Master HXTM」の高情報量・高解像度な音質はそのままに、アナログ回路を用いた信号補正により大出力時の歪みやスイッチングノイズを低減する「D.A.ハイブリッドアンプ」を搭載。D.A.ハイブリッドアンプの出力素子には、電子の導通性が高く、高速スイッチング性に優れた最新の高性能デバイスであるGaN(ガリウムナイトライド)-FETを採用することで100kHz再生を実現し、音源が持つ音楽表現力を引き出す。

 

4. 筐体の振動を遮断し、クリアな音を実現
・アルミエンクロージャー
日本の伝統的な木工技術である木組みから着想を得た接合方法で6枚の分厚いアルミ板を接合することで、強度を保ちつつエンクロージャーの振動から生じる付帯音を大幅に軽減。歪みのないクリアな音を実現。

・FBW シャーシ
アンプのエンクロージャーには、ソニーのR シリーズやES シリーズに採用されてきたFB(フレーム・ビーム)シャーシに、ウォールを加えた、FBW(フレーム・ビーム・ウォール)を採用。ウォール部は巨大なアルミの押し出しで製造しており、極めて高い剛性を誇る。厚みの異なる鋼板製のビームを高い精度で組み立てることで、基板にかかる機械的なストレスを最小化し、自然な音質を実現している。

・ブリッジ接続
アンプ内蔵型スピーカーでありながら、スピーカーの振動をアンプに伝えない構造を実現。スピーカーのエンクロージャーとアンプ部分をアーム型のブリッジで接続。この構造により電気回路にスピーカーの振動が伝わらない構造を実現。

・高強度の鋼板
ボトムプレートに5mm 厚の高強度の鋼板を使用。強固な土台により、デスクの強度や素材の音質的影響を受けにくくなっている。

 

5. 基本の音質はそのままに、信号劣化なく音の質感を微調整する音調整機能
D.A.ハイブリッドアンプや鼓構造、I-ARRAYTM System の動作方法を物理的に切り替える4 種類の音調節機能を搭載。基本の音質は維持したまま、ユーザーの嗜好に応じて信号劣化なく音の質感を微調整することが可能。

 

◉製品情報
https://www.sony.jp/audio/products/SA-Z1/

ソニー株式会社
https://www.sony.jp/