Yahoo!ニュース エキスパートの「ベスト エキスパート 2024」アワード を発表。ドキュメンタリー部門は内田英恵さんとYuya J Morimotoさんが受賞。


LINEヤフー株式会社が運営する日本最大のインターネット配信サービス「Yahoo!ニュース」は、「Yahoo!ニュース エキスパート」に参加する各分野の専門家や有識者、ジャーナリスト、クリエイターを表彰する「ベスト エキスパート 2024」授賞式を3月29日に開催した。

2023年8月に「Yahoo!ニュース 個人」と「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」を統合し「Yahoo!ニュース エキスパート」に刷新。「ベスト エキスパート 2024」は約2,600人の「エキスパート」の中から、新しい気づきや考えるヒント、行動につながる情報を発信し、2023年にもっとも日々の生活やニュースへの視点をアップデートした14名の受賞者を表彰した。

そのなかからドキュメンタリー部門をピックアップした。「ドキュメンタリー部門 グランプリ Filmmaker of the year」は「Yahoo!ニュース ドキュメンタリー」で1年間に配信されたエキスパートの作品の中から、卓越した映像作品としての評価に加えて、社会課題への貢献度、視聴数、反響などを考慮し、選出される年間賞。毎月、その月に配信された作品の中で最も優れたものを一つ選び、月間MVPとして表彰しているが、その月間MVPの中から選出された1名に与えられる。

ドキュメンタリー部門グランプリには映像作家の内田英恵さんが選出された。

内田さんの作品はこちらから視聴可能   https://news.yahoo.co.jp/expert/creators/uchidahanae

選出理由:2023年は3本のドキュメンタリーを制作し、刑法性犯罪規定の改正、自殺予防、難病に関する情報支援と、映像化が難しいテーマに挑戦しました。また、被写体と信頼関係を築くことで自然体の姿や本音を引き出し、視聴者が主人公に共感できる作品になっています。これらの作品は全て「Yahoo!ニュース トピックス」に採用され、多くの方に社会課題を身近に感じるきっかけを提供しました。作品の質と視聴数の功績を称え、「ドキュメンタリー部門 グランプリ Filmmaker of the year」に選出します。

受賞コメント:撮らせていただいている、取材させていただいている皆様の人生の一部分を預けていただいているという気持ちで作っています。私が賞を獲ったのですけど、本当は、取材させていただいた皆様の力や勇気に与えられるものだと思っています。これからもしっかり向き合って作っていきたいと思います。

またドキュメンタリー部門特別賞 Micro Docster of the yearとして、Yuya J Morimotoさんが選ばれた。

Morimotoさんの作品はこちらから視聴可能 https://news.yahoo.co.jp/expert/creators/yuyajmorimoto

選出理由:マジシャンのセロさんを取り上げた3分半のドキュメンタリーで、Micro Docsの可能性を新たに切り拓きました。その映像は作家性が強く、引き込まれるイントロダクションや起伏に富んだ構成、そして工夫を凝らした画作りと編集により、何度も見たくなる映像になっています。本作はヤフートピックスにも採用され、SNSでも拡散されるなど、多くの方にご覧いただきました。今後のさらなる活躍を期待して、Micro Docster of the yearに選出いたします。

受賞コメント:このような賞に選んでいただき光栄に思います。クリエイターの作りたいとオーディエンスの見たいものが重なったものだと思っています。そもそもクリエイターが作りたいものを発信できるプラットフォームがあることが重要で、LINEヤフーさんにはこれをぜひ続けていただきたいです。ドキュメンタリーにはいろんなかたちがあっていいんだなと思います。次の長い枠でも可能性を探っていきたいと思います(受賞により、Microの3分のMicro Docsの枠から10分のドキュメンタリー制作へのステップアップが約束されている)。

また、授賞式以外にもパネルディスカッションとして『 With AI時代 発信者はAIにどう向き合うか』(ゲスト登壇者:九段理恵氏、市川衛氏、渡部陽一氏)などが開催された。

 

Yahoo!ニュース ドキュメンタリー https://news.yahoo.co.jp/documentary/

●関連ニュース:LINEヤフー、ドキュメンタリーの可能性と魅力を伝える 『Yahoo! ニュース ドキュメンタリー』を開設〜第一弾としてフジテレビ「ザ・ノンフィクション」と連携

●関連書籍:【新刊記念ウェビナー:無料】書籍『ドキュメンタリー・マスタークラス』刊行記念 日本のドキュメンタリー最新事情と可能性(登壇:金川雄策、岸田浩和)

 

 

vsw