パナソニック、撮影者の意図にこたえるハイエンドミラーレス一眼カメラ・LUMIX DC-G9 。GH5とは兄弟機になる静止画系のフラッグシップを設けた


パナソニックは、静止画のフラグシップモデルとなるミラーレス一眼カメラ・LUMIX DC-G9 を2018年1月25日に発売する。価格はオープン。実勢価格は、G9(ボディ)が21万円前後、G9L(標準ズームライカDGレンズ付属)が29万円前後。

LUMIXのフラッグシップといえばGH5なのだが、GHは動画機能のイメージが強いため、静止画フラッグシップの位置付けとなる兄弟機を設けた。センサーも同じなので基本性能は変わらないのだが、動画機能においては、4:2:2 10bitやALL-Intra記録、MOV記録が割愛されている。動画系ユーザーは迷うことなくGH5でいいだろう。

特長

●高精細20.3M Live MOSセンサー&世界最高(※1)6.5段(※2)ボディ内手ブレ補正で、高解像かつ高品位なLUMIX史上最高画質を実現
●決定的瞬間を撮り逃さない機動力 世界最速(※3)AF約0.04秒(※4)と高速連写
●直感的に操れ、撮影に集中できる優れた操作性&デザイン

※1 デジタルカメラとして。2017年11月16日現在。2018年1月25日発売予定。
※2 CIPA規格準拠(Yaw/Pitch方向:焦点距離f=60mm、35mm判換算 f=120mmのとき、H-ES12060使用時)
※3 レンズ交換式デジタルカメラとして。2017年11月16日現在。2018年1月25日発売予定。
※4 CIPA規格準拠(LVF120fps駆動時、H-ES12060使用時)

製品詳細
http://panasonic.jp/dc/g_series/g9pro/

 

問い合わせ先
パナソニック株式会社
LUMIX・ムービーご相談窓口
フリーダイヤル:0120-878-638(受付9時~20時)