DJI、一眼レフ・ミラーレス向け片手持ちジンバル・Ronin-Sを発表。フォーカス操作用のアクセサリーも


DJIは、アメリカ・ラスベガスで開催中のCESに合わせて、同社初となる片手持ちジンバルRonin-Sを発表した。2018年第2四半期に発売予定で、価格は未定。キヤノンEOS 5Dシリーズ、ソニーαシリーズ、パナソニックGHシリーズを搭載できる。

グリップ部にはパン・チルトのジョイスティック、シャッター・録画ボタン。

ジンバルとグリップ部は分離でき、ラジコンのバギーなどに取り付けてローアングル撮影を行うこともできる。

 

ジンバルのアームは、カメラの液晶画面を隠さない配置になっている。

 

手元でフォーカスを操作できるDJI Focusコマンドユニット。アクセサリードックに取り付けて使う。

 

Responsiveness(応答性)、Deadband(不感帯)をL・M・Hで切り替えられる。

 

応答性を高め、不感帯を抑えたスポーツモードも備える。

 

 

●ニュースリリース(英文)

https://www.dji.com/newsroom/news/dji-reveals-new-handheld-camera-stabilizers-at-ces-2018

●製品情報

https://www.dji.com/jp/ronin-s