アップル、ビデオサブスクリプションサービス「Apple TV+」を発表


アップルは、オリジナルのテレビ番組、映画、ドキュメンタリーが視聴できるビデオサブスクリプションサービス「Apple TV+」を発表。Apple TVアプリケーションからの登録で利用可能になり、公開は今秋を予定している。

Apple TV+では、オプラ・ウィンフリー、スティーヴン・スピルバーグ、ジェニファー・アニストン、リース・ウィザースプーン、オクタヴィア・スペンサー、J・J・エイブラムス、ジェイソン・モモア、M・ナイト・シャマラン、ジョン・M・チュウなど、著名なアーティストたちによる新しいプログラムも用意されている。

また、「Apple TV」アプリの刷新と、「Apple TVチャンネル」サービスを2019年5月に公開する事も発表された。Apple TVアプリは、iPhone、iPad、Apple TV、Mac、スマートテレビ、ストリーミングデバイスで利用でき、テレビ番組、映画、スポーツ、ニュースなど1つのアプリケーションで視聴できる。

その他、Apple TVアプリは、ユーザーの視聴傾向を包括的に把握し、AmazonプライムやHuluなど150を超えるストリーミングアプリケーションや、Canal+、Charter Spectrum、DIRECTV NOW、PlayStation Vueなどの有料テレビサービスからお勧めの番組や映画を提案する。現在iTunes Storeで購入やレンタルが可能な何十万もの映画やテレビ番組も、Apple TVアプリで利用できるようになる。

◉詳細情報
https://www.apple.com/jp/apple-tv-plus/

Apple Japan
https://www.apple.com/jp/