アップル、新しいMac mini発表。価格は89,800円から。


アップルは、パフォーマンスを大幅にアップしたMac mini を発表。新しいMac miniの価格は89,800円(税別)から。新たにクアッドコアまたは6コアプロセッサ、最大64GBの高速メモリ、圧倒的に速いオールフラッシュストレージを搭載し、これまでより5倍も速い驚異的なパフォーマンスを発揮。さらに、Thunderbolt 3ポート、Apple T2 Securityチップを搭載して、10Gb Ethernetオプションにも対応。

 

これまでより5倍も速い、かつてないパワフルさ

Turbo Boost使用時に最大4.6GHzのスピードのクアッドまたは6コアの第8世代Intel CoreプロセッサとIntel UHDグラフィックスを新たに搭載し、Mac miniは前世代のモデルよりも最大5倍のパフォーマンスを発揮。写真やビデオの編集、音楽制作、ソフトウェア開発のようなデスクトップで行う一般的なタスクを難なくこなすほか、ビデオフォーマットの変換、コードのコンパイル、音楽のライブ演奏のようなプロ現場のワークフローも次々と処理する。さらに高速な2666MHz駆動メモリを最大64GBまで積めば、大量のファイルを丸ごとメモリに読み込んで作業したり、同時に多くの仮想マシンを走らせたり、大容量のデータセットを操作したりすることも可能この最大容量2TBのSSDは従来より最大4倍も高速で、大量のファイルを使った作業も、複数のアプリケーションの起動も過去最速の速さで実行できる。


▲オールフラッシュストレージ、より高速なパフォーマンス、大量のメモリにより、新しいMac miniはデスクトップで行う一般的なタスクを難なくこなすほか、プロ現場のワークフローへの取り組み簡単に処理。

 

Mac miniにApple T2 Securityチップを搭載

T2チップにはオンザフライでデータ暗号化を実行するSSDコントローラを搭載。Mac miniの内蔵ストレージに保管されるあらゆるものは自動的かつ完全に暗号化される。T2チップ内のSecure Enclaveは、ブートプロセス中に読み込まれたソフトウェアが改ざんされないようにする。T2チップにはHEVCビデオのトランスコード(変換)をこれまでの最大30倍も速く実行する機能も備わっているので、プロの現場で解像度ビデオを扱うようなワークフローではより迅速に作業できる。


▲Mac miniは、新たに搭載したApple T2 Securityチップを使って、その場で行うデータ暗号化、安全な起動、従来の最大30倍も速いHEVCビデオのトランスコード(変換)などに対応。

Thunderbolt 3と10Gb Ethernetによる高性能なデータ入出力

Thunderboltポートの数が前モデルの2倍となって4基のThunderbolt 3ポートにアップグレードされた。さらに各ポートの性能も2倍となった、高速な外部ストレージ、4K/5K解像度のThunderboltディスプレイと接続して、3つのフォーマットでビデオ出力できるようになった。さらに、HDMI 2.0ビデオ出力ポート1基、USB-Aポート2基、オーディオジャック、ギガビットEthernetポートを備えるので、新しいMac miniは既存のほとんどの周辺機器と接続できる。また、超高速なネットワーク性能を実現するために、Mac miniとしては初めて10Gb Ethernetオプションも用意されている。

▲Mac miniは新たに4基のThunderbolt 3ポート、HDMI 2.0ビデオ出力ポート、USB-Aポート2基、オーディオジャック、ギガビットEthernetポート、さらには初の10Gb Ethernetオプションなど、より高速で拡張性に富む入出力を備えて、既存のほとんどの周辺機器と接続できる。

 

価格と販売について

新しいMac miniの価格は89,800円(税別)からで、 apple.com/jp を通じて注文を受け付ける。Apple直営店、Apple製品販売店での店頭販売は11月7日(水)からとなる。
技術仕様、CTOオプション、アクセサリの詳細は、こちらからapple.com/jp/mac

 

◉製品情報
https://www.apple.com/jp/newsroom/2018/10/all-new-macbook-air-takes-flight/

Apple Japan
https://www.apple.com/jp/