ブラックマジックデザイン、Blackmagic RAW 1.5のソフトウェアアップデートを発表


ブラックマジックデザインは、Blackmagic RAW 1.5のソフトウェアアップデートを発表した。

同アップデートでは、Adobe Premiere ProおよびAvid Media Composerのサポートが追加されたことに加え、Mac、PC、LinuxでBlackmagic RAW Speed Testが対応した。これにより、多様なプラットフォームおよび編集ソフトウェアでBlackmagic RAWファイルが使用できるようになった。Blackmagic RAW 1.5は、Blackmagic Designウェブサイトから無償でダウンロード可能。

Blackmagic RAW 1.5アップデートには、WindowsおよびLinuxに新たに対応したBlackmagic RAW Speed Testが含まれる。Blackmagic RAW Speed TestはCPU/GPUの評価ツール。使用しているシステムにおける、フル解像度Blackmagic RAWフレームのデコード速度をテストできる。テスト中、複数のCPUコアおよびGPUが自動的に検出されるので、正確かつ現実的な結果が得られる。このテストを実行する際は、Blackmagic RAW固定ビットレート3:1、5:1、8:1、12:1のいずれかと解像度を選択する。結果は分かりやすい表形式で表示され、コンピューターが1秒間にデコード可能なフレーム数(fps)を、サポートされている解像度別で確認できる。

Adobe Premiere ProおよびAvid Media Composerを使用するエディターは、Blackmagic RAW 1.5に含まれる無償プラグインを使用することで、Blackmagic RAWファイルを扱えるようになる。これらの新しいプラグインにより、Blackmagic RAWで直接作業できるようになるため、ファイルをトランスコードする必要がなくなる。つまり、カメラオリジナルのBlackmagic RAWファイルをワークフロー全体を通して使用できるようになる。プロキシファイルを作成したり、フィニッシングのために編集をコンフォームする必要はない。Blackmagic RAWで作成される、近代的な小さなGPUおよびCPUアクセラレートファイルは、他のビデオフォーマットと比較して速度が速く、扱いやすいのが特徴。新しいプラグインを使用することで、RAW品質でこれらのファイルの利点を活かして作業できるようになる。

カラーコレクションやフィニッシング作業のために、Premiere ProまたはMedia ComposerからDaVinci Resolveにプロジェクトを移動すると、すべてのカメラRAWのメタデータおよび画質が維持される点が特徴となっている。

 

Blackmagic RAW 1.5の特徴

  • Mac、Windows、Linuxに対応したBlackmagic RAW Speed Testを同梱
  • Adobe Premiere ProおよびAvid Media Composerのサポートを追加
  •  パフォーマンスの改善およびバグの修正

 

ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp