キヤノン、業務用18型4K/HDRディスプレイ DP-V1830を発表


キヤノンは、業務用4Kディスプレイの新製品として『DP-V1830』を2022年1月中旬に発売する。価格はオープンで、市場想定価格は1,650,000円(税込)。

『DP-V1830』は、キーデバイスである高画質ディスプレイ用エンジン、高精度アルゴリズム、パネルおよびバックライトシステムを刷新し基本画質性能を大幅に向上させた業務用18 型4K/HDRディスプレイ。

HDR 映像制作の基準となる最大・全白輝度1,000cd/m2 を実現しながら、高画質エンジンの大幅な性能向上により、より緻密なバックライト制御が可能になり、明部と暗部の境界でもめりはりの利いた高コントラストな映像表示を実現。これにより、放送や映画の映像制作において重要な黒の表現力が高まり、夜景や花火など明部と暗部が混在するシーンでも、暗部の色の階調を正確に表現し、暗部の深い黒沈みと明部のきらめきを両立させた表示が可能。

ITU-R BT.2020の色再現範囲を忠実に表示できるよう、LED の色・輝度等の各性能を最大限に引き出すキヤノン独自のバックライトシステムを搭載し、広色域化を実現。さらに、視野角による輝度や色の変化を抑える独自の光学設計により、複数の人が同時にモニタリングを行うことができる。

さらに、18 型/4K/HDR の高輝度モデルでありながら、質量約7.5 kg の薄型・軽量な本体デザインを実現。

 

主な特長

1.黒の表現力強化により明部・暗部の混在する映像でも高コントラスト表示が可能
・HDR 映像制作の基準となる最大・全白輝度1,000cd/m2 を実現しながら、全黒輝度0.001cd/m2 を達成し、コントラスト比100 万:1 を実現。

・高画質エンジンの大幅な性能向上により、LED をきめ細かく点灯・非点灯駆動させる緻密なバックライト制御が可能になり、明部と暗部の境界でもめりはりの利いた高コントラストな映像表示を実現。放送や映画の映像制作において重要な黒の表現力が高まり、夜景や花火など明部と暗部が混在するシーンでも、暗部の色の階調を正確に表現し、暗部の深い黒沈みと明部のきらめきを両立させた表示が可能。

 

2.HDR 映像制作現場で求められる広色域と広視野角の実現
・4K 放送規格であるITU-R BT.2020 の色再現範囲を忠実に表示できるよう、LED の色・輝度等の各性能を最大限に引き出すキヤノン独自のバックライトシステムを搭載し、広色域化を実現。

・視野角による輝度や色の変化を抑える独自の光学設計により、複数の人が同時にモニタリングを行うことができ、正確な映像確認に貢献。

 

3.19 型ラックマウントに設置可能な薄型・軽量な本体デザイン
・18 型/4K/HDR の高輝度モデルでありながら、質量約7.5kg の薄型、軽量な本体デザインを実現。EIA 規格対応の19 型ラックに搭載可能で、放送局の中継車や副調整室など既存の映像制作・放送設備を活用することが可能。

・撮影現場での使用時にも大音量出力が可能なステレオスピーカー(最大出力は左右ともに2W)を内蔵。

・効率の良い放熱構造により、高輝度表示時や静かな編集室でもファンの音を気にせず快適な編集作業が可能。

・取り外しが可能なシングルハンドルを使用することで撮影現場などでも運搬が容易。

 

4.幅広い映像制作現場で効率的な作業をサポートする多彩な機能
・現行機種で好評の各種HDR 映像確認アシスト機能を搭載し、HDR 映像制作の作業効率化に貢献。
・入力信号エラーを検知、確認する警告表示やエラー履歴表示など各種運用支援機能を搭載し、作業中のミス低減に寄与。
・4K や8K の映像制作に適した12G-SDI 端子(IN/OUT 各4 系統)を搭載。4K/60P の映像信号は最大4 系統の入力ができ、1 台のディスプレイで信号を切り替えながら効率的に複数の映像を確認することも可能。8K/60P の映像信号は1 系統で入力が可能。8K の入力信号から縮小した4K 映像を画面で確認可能。

 

◉製品情報
https://cweb.canon.jp/v-display/lineup/dp-v1830/

キヤノン株式会社
https://canon.jp/