キヤノン、EFシネマレンズ「FLEX ZOOM LENS」シリーズ誕生〜フルサイズ対応・大口径比T2.4の広角・望遠ズームレンズ2機種を発表


▲ 左:CN-E20-50mm T2.4 L F(EFマウント)、右: CN-E45-135mm T2.4 L F(EFマウント)

キヤノンは、EFシネマレンズの新シリーズ「FLEX ZOOM LENS」第一弾として、広角ズームレンズ『CN-E20-50mm T2.4 L F/FP』を2022年6月上旬に、望遠ズームレンズ『CN-E45-135mm T2.4 L F/FP』を2022年9月上旬に発売する。価格はオープン。

・CN-E20-50mm T2.4 L F(EFマウント) 2022年6月上旬
・CN-E20-50mm T2.4 L FP(PLマウント)  2022年6月上旬
・CN-E45-135mm T2.4 L F(EFマウント)  2022年9月上旬
・CN-E45-135mm T2.4 L FP(PLマウント) 2022年9月上旬

同製品は、映像美を徹底追求した高い光学仕様・性能を達成しながら、シネマスタイルの操作性を継承した大口径比ズームレンズ。焦点距離20-50mmの広角および45-135mmの望遠の2機種で、 キヤノンの「単焦点レンズ」シリーズ6本分の焦点距離レンジをカバーし、また、各種通信機能に対応することで、効率的な映像制作を支援し、映画、ドラマ、TVCMなど、幅広い制作現場で活用できる。

 

主な特長

■ フルサイズ対応・大口径比T2.4の明るさを実現
フルサイズ・ラージフォーマットセンサー搭載のカメラに対応し、ラージフォーマットセンサーの特長である浅い被写界深度で自然で美しいボケ味を生かした印象的な映像撮影を実現。また、ズーム全域で開放絞り値T2.4の明るさを実現し、暗所においても自然光を生かした撮影が可能。

▲撮影イメージ。ズーム全域で開放絞り値T 2.4 の明るさ により、浅い被写界深度で印象的な撮影
が可能。

 

■ 8Kカメラに対応する高い光学性能を達成
大口径非球面レンズや異常分散ガラスを用いたレンズを最適配置することにより、色にじみや色収差を極限まで補正し、ズーム全域で画面中心部から周辺部まで8Kカメラに対応する高い光学性能を達成。

 

■ 効率的な映像制作を支援する各種通信機能に対応
EFマウントでは、EFマウントの通信プロトコルに対応し、PLマウントでは、映像制作業界で広く採用されているCooke社の「/i Technology」に対応。撮影時のさまざまなレンズ情報をマウント経由でカメラ本体に表示・記録することが可能。

 

▲同レンズシリーズでは、「EF マウント」もしくは「 PL マウント」へ交換が可能。

 

 

主な仕様

CN-E20-50mm T2.4 L F/FP

焦点距離:20-50mm
ズーム比:2.5倍
最大口径比(Tナンバー):T2.4
絞り羽根枚数:11枚
最至近撮影距離:0.6m/2’
前玉径:Φ114 mm
外形寸法(幅×高さ×長さ):約131.2×133.6×241.3mm(EFマウント)、約131.2×133.6×233.3mm(PLマウント)
質量:約3.3kg

 

CN-E45-135mm T2.4L

焦点距離:45-135mm
ズーム比:3倍
最大口径比(Tナンバー):T2.4
絞り羽根枚数:11枚
最至近撮影距離:1.0m/3’4”
前玉径:Φ114 mm
外形寸法(幅×高さ×長さ):約131.2×133.6×246.4mm(EFマウント)、約131.2×133.6×238.4mm(PLマウント)
質量:約3.4kg

 

 

◉製品情報
CN-E20-50mm T2.4 L F/FP
https://cweb.canon.jp/cinema-eos/lineup/ef-cinemalens/cn-e20-50/

CN-E45-135mm T2.4 L F/FP
https://cweb.canon.jp/cinema-eos/lineup/ef-cinemalens/cn-e45-135/