キヤノン、骨伝導イヤホンearsopen 完全ワイヤレスBluetoothモデル PEACE TW-1 を発表


キヤノンは、BoCo株式会社の骨伝導イヤホンearsopenの左右独立型完全ワイヤレスモデル『 PEACE TW-1』を7月30日より発売する。カラーは、ホワイトとブラックの2色。価格は、19,800円(税別)。

骨伝導イヤホンは、鼓膜ではなく、骨を振動させて音を伝えるイヤホン。耳をふさがないので、使用中も周りの音を聞きながら音楽などを楽しむことができる。

BoCo社の骨伝導イヤホンearsopenの最新モデル『 PEACE TW-1 』は、左右が独立した完全ワイヤレスタイプ。耳を挟み込むイヤカフ構造でフィット感が良く落下しにくい形状となっている。また、片耳約9グラムと軽量なので長時間装着していても快適で、ランニング時には音楽を楽しみながらも接近する車などに気付きやすく、テレワークやオンライン会議中も周囲の音や声を聞きながら使用できる。

サイズは、約30(幅)×27(高さ)×32(奥行)mm、質量は18g。

 

主な特長

.独自のフィット感で落ちにくいデザイン

本体素材には、ポリカーボネイトとエラストマーの複合材を使用し、優れた装着性と高い耐久性を実現。安定感も高く、完全ワイヤレスイヤホン特有の落下のリスクを限りなく減らしている。

 

2.音漏れを約50%軽減した骨伝導イヤホン

骨伝導デバイスの装着位置をより自然な角度で設計することで、従来製品と比較して約50%音漏れを低減。周囲を気にすることなく音楽を楽しめる。

 

3.片耳約9グラムのT字型スタイル

本体はデザインに合わせた素材の見直しにより、耳への負担を軽減した片側約9グラムのT字型スタイル。軽量化にあたり、小さなバッテリーでも迫力のサウンドが出せる設計を施している。

 

<使用シーン>

■通勤・通学に

従来の骨伝導イヤホンと比べ、装着ポジションを最適化したことにより、音漏れを低減し、周囲の音やアナウンスを聴きながら音楽や動画を楽しめる。

■オフィスやテレワークに

音楽を聴きながらリラックス状態で仕事ができる。テレワーク中も、会議に参加しながら電話着信や家族の呼びかけなどの周囲の音を聞き逃しにくく、また長時間装着しても快適。

■ランニングやウォーキングに

IPX7等級の防水性能で汗や雨にも強く、軽く外れにくいので快適な付け心地が持続。接近する自動車や自転車の音にも気付きやすく、ランニング中に音楽を楽しむことができる。

■家事や育児に
耳を塞がないので、音楽を聴きながら家事をしていても、インターホンや電子レンジの音、家族の呼びかけなども聞き逃しにくく、快適に使用できる。

 

◉製品情報
https://store.canon.jp/online/secure/earsopen.aspx#about

キヤノン株式会社
https://canon.jp/