キヤノン、小型軽量化と高画質を両立した大口径超望遠レンズ RF800mm F5.6 L IS USMと RF1200mm F8 L IS USMを発表


▲『RF800mm F5.6 L IS USM』(写真左)と『RF1200mm F8 L IS USM』

 

キヤノンは、EOS Rシステムの交換レンズ「RFレンズ」大口径超望遠レンズ『RF800mm F5.6 L IS USM』と
『RF1200mm F8 L IS USM』を5月下旬より発売する。価格はオープンで、市場想定価格は『RF800mm F5.6 L IS USM』が2,266,000円、『RF1200mm F8 L IS USM』が2,662,000円(ともに税込)。

両製品は、高い機動性と高画質を実現した「RF400mm F2.8 L IS USM」および「RF600mm F4 L IS USM」の光学系を受け継ぎ、本体後部に独自の拡大光学系を配置することで小型・軽量化と高画質を両立。

焦点距離をそれぞれ1.4倍、2倍に伸長する別売りの「エクステンダー RF1.4×」「エクステンダー RF2×」を装着することで、最長焦点距離1600mm/2400mm相当の超望遠撮影が可能。エクステンダー装着時もAFや手ブレ補正機能が使用できる。カメラの高感度化とレンズの長焦点化によって、空港・港湾・河川などの監視用途への活用も期待されるとしている。

さらに太陽光に含まれる赤外線の反射率を高めた遮熱塗料を採用し、炎天下における屋外スポーツなどの長時間撮影でも、レンズの温度上昇を抑制。また、マウント部、スイッチ部、フォーカスリングなどに防じん・防滴構造を採用している。

 

RF800mm F5.6 L IS USM

画角(水平・垂直・対角線):02°35′・01°40′・03°05′
レンズ構成:18群26枚
絞り羽根枚数:9枚
最小絞り:64
最短撮影距離:2.6m
最大撮影倍率:0.34 倍
フィルター径差し込み:52mm
最大径×長さ:約φ163mm×432mm
質量:約3140g

 

 

RF1200mm F8 L IS USM

画角(水平・垂直・対角線):01°45′・01°10′・02°05′
レンズ構成:18群26枚
絞り羽根枚数:9枚
最小絞り:64
最短撮影距離:4.3m
最大撮影倍率:0.29 倍
フィルター径:差し込み52mm
最大径×長さ:約φ168mm×537mm
質量:約3340g

 

◉製品情報
RF800mm F5.6 L IS US
https://cweb.canon.jp/eos/rf/lineup/rf800-f56l/

RF1200mm F8 L IS USM
https://cweb.canon.jp/eos/rf/lineup/rf1200-f8l/spec.html

キヤノン株式会社
https://canon.jp/