マウスコンピューター、DAIVの「AMD Ryzen Threadripper PRO 7995 WXプロセッサ」を初搭載したワークステーション『DAIV FW-P9ATX』を発売


マウスコンピューターは、クリエイターパソコンブランド「DAIV」より「AMD Ryzen Threadripper PRO 7995WXプロセッサ」「AMD Radeon RX 7900 XTXグラフィックス」を搭載したワークステーション『DAIV FW-P9ATX』を11月22日より発売した。価格は3,299,800円(税込)〜。

『DAIV FW-P9ATX』は、同社初の「AMD Ryzen Threadripper PRO プロセッサ」搭載ワークステーション。「AMD Ryzen Threadripper PRO 7000 WXシリーズ」で最大コア数をもつ「AMD Ryzen Threadripper PRO 7995WXプロセッサ」とCPUに対応する「AMD TRX50チップセット」、グラフィックスに「AMD Radeon RX 7900 XTX グラフィックス」を採用。

「AMD Ryzen Threadripper PRO 7995WXプロセッサ」は96コア/192スレッドを搭載しており、高いマルチスレッドパフォーマンスにより、レンダリングやエンコード時間の短縮、3Dモデリングや動画編集でのシームレスな動作を通じてクリエイティブな作業をサポート。

「AMD TRX50 チップセット」は、DDR5規格メモリ(256GB / 64GB×4 標準搭載)のクアッドチャネル動作、高帯域幅のデータ転送が行えるPCI Express 5.0 規格にそれぞれ対応し、サイズの大きいデータを多数のコアに供給するような数値計算やAI 研究の分野にも適した構成としている。

 

製品特長

■AMD Ryzen Threadripper PRO 7995WXプロセッサとTRX50チップセットを搭載

AMD Ryzen Threadripper PRO 7995WXプロセッサは、「AMD Ryzen Threadripper PRO 7000 WX シリーズ」で最大となる96コア/192スレッド、合計486MBのキャッシュを搭載し、高いマルチスレッドパフォーマンスを備えている。

「AMD Ryzen Threadripper PRO 7000 WX シリーズ」に対応したTRX50チップセットは、高速なDDR5規格のメモリに対応しており、同製品では256GB(64GB×4 クアッドチャネル動作)を標準搭載している。

チップセットはPCI Express 5.0規格のデータ転送もサポートし、高速なDDR5メモリとPCI Express5.0規格の高帯域幅なデータ転送により、サイズの大きいデータを多数のコアに供給する、マルチスレッド性能が求められる状況で、CPUやGPUの性能を引き出す。

同製品のマルチスレッド性能により、クリエイティブ分野ではレンダリングやエンコード時間の短縮、3Dモデリングや動画編集でのシームレスな動作を通じて、制作コストが削減。

 

■グラフィックスにAMD Radeon RX 7900 XTX グラフィックスを採用

AMD Radeon RX 7900 XTX グラフィックスは、24GBのGDDR6メモリを搭載し、サイズの大きいデータの処理に適している。AIワークロードに最適化されたAMD RDNA 演算ユニットを搭載しているため、大規模なAIモデルをローカルでも作業可能

最大8Kの高解像度に対応するほか、AV1による高品質な動画エンコード・デコードに対応している。

 

 

主な仕様

OS:Windows 11 Pro for Workstations 64ビット (DSP)
CPU:AMD Ryzen Threadripper PRO 7995WX プロセッサ
グラフィックス:AMD Radeon™ RX 7900 XTX グラフィックス
メモリ標準容量:256GB (64GB×4 / クアッドチャネル)
M.2 SSD:4TB (NVMe Gen4×4 / Western Digital WD_BLACK SN850X)
無線:Wi-Fi 6E(最大2.4Gbps )対応 IEEE 802.11 ax/ac/a/b/g/n準拠 + Bluetooth 5内蔵
保証期間:3年間センドバック修理保証・24時間×365日電話サポート

 

◉製品情報
https://www.mouse-jp.co.jp/store/g/gdaiv-fwp9atxb6adc1w01dec/

株式会社マウスコンピューター
https://www.mouse-jp.co.jp/

vsw