サイトロンジャパン、LAOWAの色収差を抑制するAPO設計のレンズ3機種を発売


▲写真左から『LAOWA Argus 18mm F0.95 MFT APO』、『LAOWA 58mm F2.8 2x Ultra Macro APO』、『LAOWA Argus 25mm F0.95 CF APO』

 

株式会社サイトロンジャパンは、Anhui ChangGeng Optical Technology (Venus Optics)社のレンズブランド「LAOWA」の新機種を1月20日より発売した。価格はオープン。ラインナップと市場想定価格(すべて税込)は以下のとおり。

・マイクロフォーサーズカメラ用レンズ『LAOWA Argus 18mm F0.95 MFT APO』:86,000円前後
・フルフレーム対応マクロレンズ『LAOWA 58mm F2.8 2x Ultra Macro APO』:96,000円前後
・APS-Cミラーレスカメラ用レンズ『LAOWA Argus 25mm F0.95 CF APO』:100,000円前後

 

 

LAOWA Argus 18mm F0.95 MFT APO

 

35mmフルサイズ換算で約35mmに相当する、非常に明るい開放F0.95のマイクロフォーサーズカメラ用レンズ。APO設計採用により、色収差を補正したクリアな画像で、背景のやわらかな心地よいボケ味を実現。インナーフォーカス機構によりブリージングを最小限に抑えるので、動画撮影にも適している。

なめらかで美しいボケ味
2枚のEDレンズと4枚の高屈折率レンズを含む8群14枚のレンズ構成を採用。APO設計により、ピントが合っている部分とボケの部分の両方で、画面全体の色収差を抑制する。また、絞り全域でパープルフリンジやゴーストを最小限に抑制。よりコントラストの高く明瞭な表現を実現。

被写体に寄る
20cmの最短撮影距離により、被写体を細部まで精細に写しながらも背景をやわらかくぼかした、印象的な写真が撮影可能。

クリック/クリックレス切替え可能
クリックレス切替え機能を採用。スイッチを操作することで、絞りリングのクリックの有無が切替え可能になる。使用用途に合わせてクリックの有無を選択できるので、動画撮影時にはクリックをなくすことによりスムーズな絞りの変更が可能。

設計構造
LAOWA Argusシリーズの本レンズは、インナーフォーカス機構を採用。フォーカスレンズは内部で動きレンズ全長が伸縮しないため、被写体とのワーキングディスタンスを維持することができる。また、ブリージングを抑制し、ピント位置を変更する際にも自然な描写で撮影が可能。

<製品仕様>

焦点距離:18mm
絞り範囲(F値):F0.95‐F11
画角:61.9°
フォーマット:マイクロフォーサーズ
レンズ構成:8群14枚(EDレンズ2枚を含む)
絞り羽根枚数:9枚
最短撮影距離:20cm
最大撮影倍率:0.15倍
フォーカシング:マニュアルフォーカス(MF)
フィルタースレッド:φ62mm
寸法:約φ80mm×83mm
質量:約500g
マウント:マイクロフォーサーズ

◉製品情報
https://www.laowa.jp/news/2023/01/-laowa-argus-18mm-f095-mft-apo.html
 

 

LAOWA 58mm F2.8 2x Ultra Macro APO

ミラーレスカメラに最適化したフルフレーム対応のマクロレンズで、40.9°の画角を実現。APO設計を採用により、被写体と背景の両方において色収差を極めて少なく抑制する。また、2倍から無限遠まで合焦するため、マクロ撮影からポートレート撮影まで使用できる。

 

 

APO設計による色収差の抑制
ピントが合っている部分もボケの部分も、画面全域にわたって色収差を抑制。また、絞り全域でパープルフリンジやゴーストを最小限に抑えている。

非常にシャープな画質
EDレンズ3枚、超高屈折率レンズ3枚を含む11群14枚のレンズ構成を採用。フランジバックを短くすることで、シャープな高画質画像とレンズの小型化を実現。

より深い被写界深度
焦点距離58mmの本レンズは、焦点距離がより長いレンズと比較して被写界深度が深くなりますので、同じ絞りで多くの範囲にピントを合わせることが可能。被写体のみならず、まわりの環境も作品に残すことができる。

コンパクト設計
レンズの質量はわずか595g、寸法は φ74 x 117mmで、同様の焦点距離のレンズと比較してコンパクトかつ軽量設計となっている。

インナーフォーカスの採用
フォーカスレンズは内部で動きレンズ全長が伸縮しないため、被写体とのワーキングディスタンスを維持することが可能。

 

<製品仕様>

焦点距離:58mm
絞り範囲(F値):F2.8-F22
画角:40.9°
フォーマット:フルフレーム
レンズ構成:11群14枚(EDレンズ3枚、超高屈折率レンズ3枚を含む)
絞り羽根枚数:13枚
最短撮影距離:18.5cm
最大撮影倍率:2倍
フォーカシング:マニュアルフォーカス
フィルタースレッド:φ67mm
寸法:φ74mm×117mm
質量:約595g
マウント:キヤノン RF / ニコン Z / ソニー FE / L マウント

◉製品情報
https://www.laowa.jp/news/2023/01/laowa-58mm-f28-2x-ultra-macro-apo.html

 

 

 

LAOWA Argus 25mm F0.95 CF APO

 

非常に明るい開放F0.95のAPS-Cミラーレスカメラ用レンズ。APO設計採用により、色収差を補正したクリアな画像を実現。ピントが合っている部分は非常にシャープな写りを、それ以外の部分では心地よいボケ味を提供する。

 

開放絞りF0.95の明るいレンズ
開放絞りF0.95で得られる非常に浅い被写界深度により、背景をとろける様にぼかして被写体を際立たせた、美しい画像が撮影可能。また、速いシャッタースピードを選択したり低感度のISOを使用することで、低照度下での撮影の際も印象的な画像を作成できる。ポートレート撮影や低照度下での撮影から天体写真まで、あらゆる光をとらえることが可能。

クリーミーなボケ味
ピントの合った部分はシャープな写りを保ちつつ、ピントの合っていない部分については芸術的なボケ味を提供。

 

自然で使いやすい画角
58.8°の画角を特徴とするAPS-Cセンサーの25mmの焦点距離は、35mmフルサイズ換算で約35mmに相当する。このセミワイドの焦点距離は、ポートレート写真や風景写真、スナップ写真など、非常に幅広い用途に使用できる。

 

APO設計による優れた画像性能
EDレンズ1枚と高屈折率レンズ2枚を含む9群14枚のレンズ構成を採用により、画像全体の色収差を抑制する。パープルフリンジやゴーストについても、絞り全域で最小限に抑制。速いシャッタースピードとAPO設計の組み合わせにより、コントラストの高い優れた画像性能を実現。

 

切り換え可能なクリック機能
絞りリングのスイッチ操作で、クリックの有無が選択可能。クリックを解除することで、クリック音が録音されたり、不自然に明るさが変化するのを防ぐ。スチール撮影と動画撮影の両方でお使いいただけるレンズ。

インナーフォーカスの採用
インナーフォーカスは、最短撮影距離から無限遠までの光学性能を最大化するように設計されている。フォーカスレンズは内部で動きレンズ全長が伸縮しないため、被写体とのワーキングディスタンスを維持することが可能。また、偏光フィルターなどのアクセサリーを使用していてもフィルター枠が回転しない。

 

<製品仕様>

焦点距離:25mm
絞り範囲:F0.95-F11
画角:58.8°
フォーマット:APS-C
レンズ構成:9群14枚
絞り羽根枚数:9枚
最短撮影距離:34cm
最大撮影倍率:0.15倍
フォーカシング:マニュアルフォーカス(MF)
フィルタースレッド:φ62mm
サイズ:約φ71.5mm×81mm
質量:約575g
マウント:ソニー E/ ニコン Z/ キヤノン RF/ フジフイルム X/ キヤノン EF-M

◉製品情報
https://www.laowa.jp/news/2023/01/laowa-argus-25mm-f095-cf-apo.html

 

 

LAOWAホームページ
https://www.laowa.jp/

株式会社サイトロンジャパン
https://www.laowa.jp/

vsw