ニコン、デジタル一眼レフカメラ『ニコンD6』と望遠ズームレンズ 『AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR』の開発を発表


株式会社ニコンは、デジタル一眼レフカメラ『ニコンD6』および、ニコンFXフォーマット対応の望遠ズームレンズ『AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR』の開発を発表した。いずれも発売時期と発売価格は未定。

『ニコンD6』は、フラッグシップモデルである「D一桁シリーズ」の最新機種として開発。また今回新たに開発しているレンズ『AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR』は、プロフェッショナルフォトグラファーのスポーツ撮影などをより一層強力にサポートするという。

同社は、「デジタル一眼レフカメラとミラーレスカメラの両システムと豊富なレンズラインアップで映像文化をリードしていく」としている。

 

◉詳細情報
https://www.press.nikon.co.jp/pr/user_cont_search/detail/cont_id/1758?sid=3e0jtj24cfjb1sjjmbb0unahr2

株式会社ニコン
https://www.nikon.co.jp/