オリンパス、超望遠 2000 mm 相当(35mm 判換算)の手持ち撮影が可能になる 『 M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO 』と 『 M.ZUIKO DIGITAL 2x Teleconverter MC-20』の開発を発表


オリンパス株式会社は、「マイクロフォーサーズシステム規格」に準拠の「M.ZUIKO PRO」シリーズ、1.25 倍テレコンバーターを内蔵し、300-1000mm相当(35mm 判換算)の幅広い焦点距離をカバーする超望遠ズームレンズ『 M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mmF4.5 TC1.25x IS PRO 』とテレコンバーター『 M.ZUIKO DIGITAL 2x Teleconverter MC-20 』の開発を発表した。

両製品を組み合わせることで、2000mm 相当(35mm 判換算)の超望遠での手持ち撮影が可能になる。発売は、テレコンバーター『 M.ZUIKO DIGITAL 2x Teleconverter MC-20 』が2019 年夏、超望遠ズームレンズ『 M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mmF4.5 TC1.25x IS PRO 』が2020 年の予定。

また、2019 年2月28 日(木)からパシフィコ横浜で開催される、カメラと写真の総合展示会「CP+」(シーピープラス)にデザインモックアップを参考出品する。

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO

『 M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO 』は、高い光学性能と小型軽量、防塵防
滴、耐低温(-10°C)性能を備える優れた機動性を追求して開発を進めている「M.ZUIKO PRO」シリーズ
の超望遠ズームレンズ。オリンパスの交換レンズとして初めて 1.25 倍のテレコンバーターをレンズ
本体に内蔵し、瞬時に焦点距離を最長 1000 mm相当(35mm 判換算)まで拡大できる。また、レン
ズ内手ぶれ補正機構を搭載しており、カメラ本体の手ぶれ補正機構と協調して動作する「5 軸シンクロ手
ぶれ補正」にも対応。コンパクトなシステムによる圧倒的な機動性、テレコンバーター内蔵による
利便性により、スポーツや野鳥など撮影に最適な超望遠ズームレンズ。

 

M.ZUIKO DIGITAL 2x Teleconverter MC-20

『 M.ZUIKO DIGITAL 2x Teleconverter MC-20 』は、高い機動性、防塵防滴、耐低温(-10°C)性能を
備え、マスターレンズの焦点距離を 2 倍にするテレコンバーター。開発中の「M.ZUIKO DIGITAL ED
150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」をはじめ、「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」、
「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」に装着することが可能。望遠域の拡張のみならず、
マスターレンズの最大撮影倍率も 2 倍になり、今までにない超望遠マクロ撮影を実現する。

 

◉製品情報
https://www.olympus.co.jp/news/2019/nr01009.html

オリンパス株式会社
https://www.olympus-imaging.jp/