オリンパス、ミラーレス一眼用ズームレンズ 『M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 』( 35mm 判換算24-400mm 相当 )を発売


オリンパス株式会社は、ミラーレス一眼用ズームレンズ『 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 』(35mm 判換算24-400mm 相当)を 2019 年 3 月下旬から発売する。価格は、115,000円(税別)。

『 M.ZUIKO DIGITAL ED 12-200mm F3.5-6.3 』は35mm判換算で広角24mmから望遠400mmの幅広い焦点距離を、1本でカバーする倍率16.6倍のズームレンズ。圧倒的な小型軽量化を図りながら、高速・高精度 AF を実現、さらに防塵・防滴機構を搭載。

 

 


▲装着イメージ『OM-D E-M10 Mark III(シルバー)』

主な特徴

  • ミラーレス一眼用レンズで最高倍率の16.6倍ズーム
  • 優れた近接撮影性能
  • 持ち歩きに最適な小型・軽量システム
  • 信頼の防塵・防滴機構
  • 高速・高精度AF
  • 高倍率と小型化を両立する光学設計
  • 高い描写性
  • 隅々まで明るくクリアな描写
  • ピント位置を変えた際の少ない画角変動

 

主な仕様

  • 焦点距離:12-100mm(24-200mm相当)
  • レンズ構成:11群16枚(EDレンズ2枚、スーパーEDレンズ2枚、スーパーHRレンズ1枚、非球面レンズ3枚使用)
  • 最小絞り:F22
  • 最短撮影距離:22cm(ワイド端)、70cm(テレ端)
  • 画角:84°〜6.2°
  • フィルター径:ø72mm
  • 大きさ:ø77.5×99.7mm
  • 重さ:455g

 

 

◉製品情報
https://www.olympus-imaging.jp/product/dslr/mlens/12-200_35-63/index.html

オリンパス株式会社
https://www.olympus-imaging.jp/