パナソニック、4K/30pの高画質映像出力に対応し、水平111度の超広角レンズを搭載した小型4Kリモートカメラを開発


パナソニック株式会社は、4K画質での映像出力対応、超広角レンズ搭載の4Kインテグレーテッドカメラ『AW-UE4WGN(ホワイト)』『AW-UE4KGN(ブラック)』の開発を発表した。発売は201910月の予定。

本製品は、3840×2160/30p4K出力をはじめとする様々な映像出力フォーマットに対応し、水平111度の超広角レンズを搭載。空間の端から端まで捉えることができるため、スペースに制限のある場所でも設置の自由度が高まる。また、HDMI/LAN/USB3つの映像出力端子を装備し、幅広いシーンでのシステム構築・運用を可能にした。

さらに、PoE給電に加え、USBケーブル経由での給電に対応。映像信号、制御信号、給電をLANケーブルもしくはUSBケーブル1本で可能にするシングルケーブルソリューションを実現する。また、ライブ配信サービスへ直接映像をアップロードできるRTMPReal-Time Messaging Protocol)にも対応しているため、ライブプロダクションユーズでも高い運用性を発揮する。

 

◉詳細情報
https://panasonic.biz/cns/sav/products/aw-ue4/index.html

パナソニック株式会社
https://www.panasonic.com/jp/home.html