パナソニック、4Kダブルチューナー内蔵有機ELビエラ 2シリーズ4機種を発表


▲HZ1800シリーズ(左)、HZ1000シリーズ(右)

パナソニック株式会社は、大画面有機ELテレビ “ 4Kビエラ ” HZ1800シリーズ『TH-65HZ1800』『TH-55HZ1800』2機種を8月下旬、HZ1000シリーズ『TH-65HZ1000』『TH-55HZ1000』2機種を6月26日より発売する(HZ1800シリーズは6月26日予約開始)。価格はオープンで、市場想定価格は以下の通り。

・HZ1800シリーズ 65V型『TH-65HZ1800』市場想定価格は未定
・HZ1800シリーズ 55V型『TH-55HZ1800』市場想定価格は未定
・HZ1000シリーズ 65V型『TH-65HZ1000』420,000円前後
・HZ1000シリーズ 55V型『TH-55HZ1000』280,000円前後

 

本シリーズは、新4K衛星放送のHDR(HLG)画質を向上させるため、「AI HDRリマスター」を進化させ、
明るく高コントラストな映像を実現。さらに当社独自の有機ELディスプレイパネル制御技術
「Dot Contrast パネルコントローラー」を進化させ、明部に加え暗部の表現力を向上。

音質面では立体音響技術「Dolby Atmos(R)(ドルビーアトモス)」に対応。テレビのスピーカーのみで
上下左右から音に包み込まれる迫力の立体音響が楽しめる。さらにHZ1800シリーズは最上位モデル
GZ2000シリーズで採用のテレビ背面上部に上向きに配置した「イネーブルドスピーカー」を搭載し、
よりリアルに立体音響を再現できる。

また、好評の地震に強く倒れにくい吸着機能付きの
「転倒防止スタンド」をスッキリとした薄型デザインに進化させ、有機ELテレビに初めて搭載。
さらに新たにスイーベル(首ふり)機能も搭載。

▲HZ1800シリーズ『TH-65HZ1800』

 

 

主な特長

1. あらゆるコンテンツを臨場感あふれる画質・音質で楽しめる

(1)同社独自の有機ELパネル制御技術で、あらゆる映像を色鮮やかで高コントラストな映像に

 

(2)同社独自の映像処理技術で、動きの激しい映像もくっきり、なめらかに表示

 

(3)イネーブルドスピーカー搭載(HZ1800シリーズのみ)。頭上を含む上下左右から音に包み込まれる迫力の立体音響技術「ドルビーアトモス」に対応

 

2. スイーベル(首ふり)機能を搭載した地震に強く、倒れにくい「転倒防止スタンド」

 

3. BS4K・110度CS4Kダブルチューナー内蔵で外付けハードディスク(別売)への新4K衛星放送の裏番組録画にも対応

 

◉製品情報
HZ1800シリーズ https://panasonic.jp/viera/products/hz1800.html

HZ1000シリーズ https://panasonic.jp/viera/products/hz1000.html

 

パナソニック株式会社
https://www.panasonic.com/jp/home.html