ラトックシステム、8K/60Hz・4K/120Hz出力に対応の2入力1出力HDMI切替器 RS-HDSW21-8Kを発売


ラトックシステム株式会社は、8K/60Hz、4K/120Hz出力に対応した2入力1出力HDMI切替器『RS-HDSW21-8K』を1月下旬より発売する。価格は6,600円(税込)。

『RS-HDSW21-8K』は、最新のゲーム機や映像出力機器など2台のHDMI機器を切り替えて、高解像度・高フレームレートの映像信号と音声をそのまま出力するHDMIセレクター。8K対応HDMI端子を1ポートしかもたないテレビやディスプレイも、ボタンひとつでHDMI機器を切り替えて共有することができる。

高精細4Kコンテンツの高フレームレート120fpsに対応しており、大画面でなめらかな動きを再現する。対人ゲームやeSports など、スピード感や繊細な操作が要求されるゲームも、ディスプレイと直結したときと同じ感覚で楽しめる。

最新ゲーム機 PlayStation5 や XBOX SeriesX を接続し、4K 120Hz対応コンテンツが直結したときと同じ解像度、フレームレートで出力されていることを確認しているという。

また、鮮やかでリアルに映像を再現する「HDR 10」「HLG」、デジタル著作権保護技術「HDCP 1.4」「HDCP 2.3」に対応。今ある環境そのままのクオリティでコンテンツを大画面に映し出す。サラウンドの音声フォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」にも対応。

同製品は電力不足による非動作を防ぐため、外部電源供給用の適切なUSB ACアダプターおよびケーブルを同梱。外部電源を供給することで、安定した映像出力が可能。

HDMI機器の切り替えは手動方式を採用。本体ボタンを操作したときのみ、選んだポートに切り替わりる。

 

 

主な特長

  • 8K対応テレビのHDMI端子を2台の機器で切り替えて使用
  • 120fps の高フレームゲームにも対応
  • PlayStation 5、Xbox SeriesXで動作確認済み
  • 各種HDR規格、HDCP 1.4/2.3準拠
  • サラウンドフォーマット Dolby Atmos、DTS:X 対応
  • USB電源ケーブルとACアダプター標準添付
  • 切り替えは手動方式でワンタッチ切り替え
  • サビに強い金メッキコネクターを採用
  • 設置しやすいコンパクト設計

 

◉製品情報
https://www.ratocsystems.com/products/subpage/hdsw218k.html

ラトックシステム株式会社
https://www.ratocsystems.com