ソニー、RX0用カメラコントロールボックス・CCB-WD1 を発売 (受注生産)、RX0 のソフトウェアをアップデートも。


▲CCB-WD1

ソニーは、PCからLANケーブル経由でカメラコントロールが可能なカメラコントロールボックス・CCB-WD1 を発売2月16日に発売する(受注生産の予約はすでに開始)。価格は70,000円(税別)。また、デジタルスチルカメラ・RX0 のソフトウェアをアップデートした。

CCB-WD1 は、プレミアムコンパクトRXシリーズの高画質技術を防水・堅牢な小型ボディに凝縮し、あらゆる場面で多様な視点からの自由な映像表現を実現するサイバーショット・RX0を用いた複数台撮影の可能性をさらに拡げる。また、RX0 の無線接続台数を拡大するソフトウェアアップデートを提供する。

CCB-WD1 は受注生産品で、受注の予約はすでに開始している。納期の確認は販売店まで。

CCB-WD1の製品詳細はこちら
RX0の製品詳細はこちら

▲RX0

ソニー株式会社
http://www.sony.jp/