サブスクVSW190 「どうやってクオリティを上げる? 質にこだわる音楽コンテンツ制作術」(講師:小池“wong”光章)


アーティストと組んで制作するYouTubeチャンネル、ライブ、MV

このウェビナーでは映像ディレクターの小池“wong”光章さんを講師にお迎えして、アーティストと組んで制作するYouTubeチャンネル、ライブ、MVの制作術を教えていただきます。wongさんはプロダンサーを経て、音楽業界の裏方などさまざまな仕事を経験していくなかで映像業界に飛び込んだという珍しいキャリアの持ち主。そんなwongさんがコロナ期に制作を開始したのがDef Tech MicroさんのYouTubeチャンネル「Def Tech Micro’s Lifestyling.」です。

Microさんのスタジオライブ映像、ダンス、食レポ、チャレンジ企画、ミュージックビデオなど、2年間で200本以上のYouTube動画を制作しており、中でもカバーソングを歌う「LIVING ROOM LIVE」シリーズが好評。ビデオグラファー的なスタイルでありながら過去のさまざまな経験でテクニックを磨き、ハイクオリティな映像を実現しているwongさんに、同チャンネルの作例から音楽コンテンツの作り方を学びます。

 

●ウェビナーを見る

●イベント後アンケート
https://forms.gle/K2WBncgSsSx1rZGw5

 

●登壇者

小池“wong”光章

映像コンテンツ制作におけるディレクション、プロデュース、カメラマン、編集をワンストップで担当するクリエイター。高校時代からストリートダンスを始め、プロダンサーとして活動。27歳ごろからエンターテイメント業界での立ち位置を模索し始め、音楽業界の裏方などを経験するなかで「映像」の魅力に触れる。映像業界における技術移行期を経験し、2017年に独立。各技術が細分化する映像業界でディレクターだけでなく、カメラマンやプロモーションのプロデューサー、照明、空間コーディネーターなども兼務し、活動は多岐にわたる。2019年10月には音楽、映像、アート、デザインの企画、制作を担う株式会社YOUNDを設立。モットーは「各現場を経験しているからこそ、全体のバランスを考慮し、最大限のクリエイティブを目指すコト」。
WEB / Instagram

 

講座の内容

◎自己紹介・映像制作を始めたきっかけと初期の機材

◎RED EPICを使用した初ディレクション作品 DFT『SCENTED』MV

◎技術を磨いたLA、ハバナ、ヨハネスブルグでの撮影

◎「Def Tech Micro’s Lifestyling.」のコンテンツ制作

◎スタジオライブ映像「LIVING ROOM LIVE」の撮影舞台裏

◎コラボMV、野外ライブ、ロケ撮影など幅が広がった撮影

◎質疑応答

vsw