富士フイルム、ミラーレスデジタルカメラ『FUJIFILM X-T30』を3月下旬に発売


富士フイルム株式会社は「Xシリーズ」の最新モデルとして、ミラーレスデジタルカメラ『FUJIFILM X-T30』を2019年3月下旬より発売する。カラーはシルバーとブラックの2色。価格はオープン。

「X-T30」は383gの小型軽量ボディに最新の2610万画素「X-Trans CMOS 4」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載。撮影範囲全域を高精度に捉えるAF性能と30コマ/秒の高速・静音連写性能により、幅広いシーンで決定的瞬間を逃さない。

動画は階調表現豊かな「ETERNA」など、独自の色再現技術による「フィルムシミュレーション」を用いた4K/30p(最大200Mbps)までの動画撮影が可能。4K/60p記録は不採用だが、音質は2ch/24bit/48kHzサンプリング記録に対応する。

現在販売している「FUJIFILM X-T20」の外観デザインを踏襲しつつ、ホールド性を高めた新形状のグリップ、レスポンス性能を向上させたタッチパネルディスプレイ、素早いフォーカス操作が可能な「フォーカスレバー」を採用し、優れた操作性を発揮。瞬時にフルオート撮影モードに切り替えられる「オートモード切替レバー」も備え、高画質な撮影を自由なスタイルで楽しめる。

 

 

主な特長

■4K/30P動画、ハイレゾデジタル音声

第4世代イメージセンサー「X Trans CMOS 4」の採用により、4K動画性能が大幅に向上。6Kを超える(6240×3510)情報量を4K(3840×2160)に凝縮して映像化しており、モアレ等が少ない高解像度で良質な4K動画が撮影できる。また、DCIフォーマット(17:9)での撮影にも対応し、デジタルシネマのようなドラマティックな映像を高解像度で記録することができる。さらに、本体のみで高品質なハイレゾデジタル音質での録音が可能に。4:2:2 10bit HDMI出力やF-Logでの記録も加わり、本格的な動画撮影用途にも使用できる。

 

■動画撮影時も顔検出/瞳AFを使用可能

動画撮影時も顔検出/瞳AFを使用可能。人物にピントの合った動画を簡単に撮影することができる。また、120P・100Pのハイスピード動画撮影(Full HD・2倍/4倍/5倍スローモーション)に対応。印象的なスローモーションムービーを可能とし、映像の表現領域を拡大する。

 

■4K×フィルムシミュレーション

4K動画にも全てのフィルムシミュレーションが設定可能。動画撮影に適した「ETERNA」は落ち着いた発色と豊かなシャドウトーンが特徴。また、「ACROS」を使用した高精細で階調豊かなモノクロ動画、渋みのあるドキュメンタリー調を演出できる「CLASSIC CHROME」、「Velvia」による高彩度動画など、個性的な色調・階調表現による完成度の高い動画を気軽に楽しむことができる。


▲「ETERNA」落ち着いた発色と豊かなシャドウトーンが特徴が特徴。シネマフィルム調の雰囲気を楽しめる。

◉製品情報
https://fujifilm-x.com/ja-jp/cameras/x-t30/

富士フィルム会社
https://fujifilm.jp/index.html