シグマ、“ Art ズーム ”の大口径標準ズーム レンズ『SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN』を発表


シグマは、ミラーレスに最適化した最新設計による “Artズーム” の第二弾『SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN』を発表した。Lマウント用、ソニー Eマウント用が用意されており、発売日や価格は未定。

SIGMA のミラーレス専用 “Art ズーム ”第一弾の『14-24mm F2.8 DG DN | Art 』に続く第二弾。ミラーレス専用設計の優位性を活かすことで、ズーム全域における中心から周辺までの均一かつ高い解像感を実現しつつ、サイズと重量の抑制に成功。さらに、最新のミラーレスカメラボディとの互換性と、様々な撮影状況をアシストする機能が、プロ・ハイアマチュアの高い要求に応える。

主な特徴

1. クラス最高の光学性能
ズームレンズのフラッグシップとなるF2.8 の“Art ズーム”シリーズでは、高い光学性能を第一義に開発。ミラーレス専用による光学設計の優位性を活かしつつ、硝材にはFLD ガラスを6 枚、SLD ガラスを2 枚と特殊低分散ガラスをふんだんに採用。非球面レンズも3 枚採用し、軸上色収差やサジタルコマ収差といった後処理の困難な収差を徹底的に抑制し、ズーム全域で中心から周辺に至るまで均一かつ高い光学性能を実現している。

コーティングにはスーパーマルチレイヤーコートに加え、ナノポーラスコーティングも採用。逆光のような強い入射光に対しても影響を受けにくい設計を行っている。また、ミラーレス専用設計により、サイズと重量の抑制にも成功しています。

2. 最新フルサイズミラーレスカメラボディとの互換性を確保
プロ・ハイアマチュアユースを想定し、どのような撮影状況でも最高のパフォーマンスが発揮できるよう、L マウントおよびソニー E マウントの最新フルサイズミラーレスカメラボディとの各種互換性を確保している。例えば、AFL ボタンにはボディ側から様々な機能を割り当てることができ、撮影中の操作性を向上させる。ステッピングモーターと最新アルゴリズムの採用により、AF 駆動の高速化と静音性も両立。軽快なピント合わせを可能にする。さらにミラーレスカメラで利用頻度の高い瞳AF 機能にも対応し、ポートレート撮影で高精度なフォーカシングが可能です。

3. 様々な用途と撮影環境に対応
最短撮影距離はワイド側で18cm。フード先端よりも近い距離まで被写体に迫って撮影することができる。最大撮影倍率はワイド側1:2.9、テレ側1:4.5 のため、近接撮影による表現の幅が広がりる。加えて、防塵防滴機構や、不用意に鏡筒が伸びるのを防ぐズームロック機構の採用など、様々な用途と使用環境に適応することで、幅広い撮影のニーズに応えます。従来のSIGMA レンズにも多く採用されているAF/MF 切り替えスイッチも鏡筒に搭載。必須かつ基本的な機能も備えている。細部にわたってつくりこまれたレンズボディは、ズームリングやマニュアルリングなど操作部の感触も良好。

 

【主な仕様】数値はL マウント用

レンズ構成:15 群19 枚
画角:84.1°-34.3°
絞り羽根枚数:11 枚(円形絞り)
最小絞り:F22
最短撮影距離:18-38cm
最大撮影倍率:Wide 1:2.9-Tele 1:4.5
フィルター径:φ82mm
最大径×長さ:φ87.8mm×122.9mm
質量:835g

 

◉詳細情報
https://www.sigma-global.com/jp/lenses/cas/product/art/a019_24_70_28/

株式会社シグマ
http://www.sigma-global.com/jp