【連続講座】生成AI×映像制作Vol.1「生成AIを使って2時間でCMを作る」(前編)



本映像は、2024年4月18日に行われたライブ配信のアーカイブとなります。

 
 

<視聴方法>

●この講座はVIDEO SALONのウェビナー見放題のサブスクプランとは別プログラムになります。ご視聴には別途参加費が必要になります。
●上記「全6回の連続講座を購入」または配信終了後にプレーヤー再生ボタンを押すと、表示されるペイウォールから会員登録。既に会員の方は「コンテンツパックを購入」でお買い求めください。
●参加費は全6回・40,000円(税別)となります。全6回の内容はこちらをご参照ください。
●講座開始後の途中参加も大歓迎です。ご購入後は過去のアーカイブを何度でも見返せます。
 
 

 

<ウェビナー概要>

生成AIを活用して、映像を作る一連のフローやTIPSを紹介していく全6回の連続講座です。従来の映像制作では、短い尺の映像であっても企画から完パケまでには数カ月、100人近いスタッフが関わるものが多いなかで、生成AIを活用することで、たった一人で、かつ短時間に映像を作れてしまうテクニックを映像ディレクターの曽根隼人さんが解説します。 

 

第1回目のテーマは「生成AIでCMを作る(前編)」

 

第1回目と第2回目は生成AIツールを活用し、映画のトレーラーを作る一連の工程を紹介します。工程をざっくり紹介すると①Chat GPTで構成を作る②画像生成AIで画像を作る③②で生成した画像を動画生成AIで動かす。④BGMをAIで生成。⑤編集はPremiere ProやDaVinci Resolveなどで行う。この講座は工程の①ー②を解説します。

 

 

●登壇者

曽根隼人

BABEL LABEL所属 ディレクター / 株式会社Vook顧問

TVドラマ「憑きそい 」「インフォーマ」「封刃師」「乃木坂シネマズ〜STORY of 46〜」を監督。 無印良品のパリでのプロモーション映像”TOKYO PEN PIXEL”では世界三大広告祭の一つ「ONE SHOW」や、アジア最大の広告祭「ADFEST」、「SPIKES ASIA」をはじめ多くの賞を受賞。大村市のPR動画”大村市なんて大嫌い”では、「福岡広告協会賞」「ぐろ~かるCM大賞2019」で受賞した。 全国にクリエイティブな映像を伝える番組、NHK Eテレ「テクネ 映像の教室」「うたテクネ」では、プロデューサーとして参加。


 

●講座の内容

自己紹介

・初回ガイダンス

 ▶生成AIとはなにか?

 ▶映像クリエイターは生成AIとどう向き合うべきか?

・生成AIでCMを作る(前編)

 ▶Chat GPTで構成を考える

 ▶Stable Diffuison、Midjourney、DALL-E3で画像を生成する

 

 

●主催

玄光社 VIDEO SALON編集部

●問い合わせ先

VIDEO SALON WEBINAR事務局 seminar@genkosha.co.jp(メール)

 

 

vsw