ブラックマジックデザイン、DaVinci Resolve 18 パブリックベータ版を公開。リモートコラボレーションを可能とするBlackmagic Cloudをサポート


ブラックマジックデザインは、DaVinci Resolve 18を発表した。DaVinci Resolve 18パブリックベータは、Blackmagic Designウェブサイトからダウンロード可能。

DaVinci Resolve 18は、クラウドベースのワークフローで新しいリモートコラボレーションを提供するメジャーアップデート。ユーザーはBlackmagic Cloudでプロジェクトライブラリをホストし、世界中の複数のユーザーと同じタイムラインでリアルタイムで共同作業できる。

さらに、DaVinci Neural Engineを使用した新しいResolveFX AIツール、エディターが作業時間を削減できる各種ツール、Fairlightの古い固定バスからFlexBusへの変換機能、FusionのGPUアクセラレート・ペイントなどを追加。

新しいBlackmagic Proxy Generatorは、カメラオリジナルとリンクされたプロキシを自動的に作成するため、編集ワークフローがさらに高速化する。他にも、ウルトラビューティーや3D深度マップなど新しいResolveFXが追加され、エディター用の字幕機能も向上。GPUアクセラレートFusionペイントおよびリアルタイムのタイトルテンプレート再生、Fairlightの固定バスからFlexBusへの変換なども可能。

新しいBlackmagic Proxy Generatorアプリは、カメラオリジナルのプロキシを自動的に作成・管理する。ウォッチフォルダーを作成し、新しいメディアを自動的にH.264、H.265、Apple ProResプロキシに変換して、編集ワークフローを高速化できる。オフライン作業用にプロキシを別フォルダーに抽出することも可能。

オリジナルフッテージとプロキシはワンクリックで切り替え可能。DaVinci Resolveは、Blackmagic Proxy Generatorプロキシのファイルツリー内での場所を把握して、メディアプール内のカメラオリジナルに瞬時にリンクする。プロキシで編集し、その後カメラオリジナルに再リンクしてグレーディングできる。

DaVinci Resolve 18はインテリジェントなメディアロケーション管理に対応しており、コラボレーションでの作業時にメディアを独自のファイルパスにすばやくリンクできる。リモート作業を行う際に、アセットを手動で再リンク・検索する必要はない。

DaVinci Resolve Studioビューアをライブ配信すれば、リモートコンピューターのモニターや、DeckLink経由で参照用グレーディングモニターに表示して、世界中どこからでもモニタリングできる。低遅延・高画質の12-bitイメージはリモートの編集やカラーグレーディングに最適で、変更に対するフィードバックを即座に提供できる。

DaVinci Resolve 18は、カラリスト用の新ツールも搭載。Magic Maskパレットに搭載された新しいオブジェクトマスクは、数千の個別のオブジェクトの動きを識別・追跡。DaVinci Neural Engineは、動物、乗り物、人物、食べ物など、無数のエレメントを直観的に分離し、高度なセカンダリーグレーディングやエフェクトの適用を可能にする。

新しい深度マップエフェクトは、シーンの3D深度マットを即座に作成。後景から前景を切り離してすばやくグレーディングしたり、その反対も可能。

 

Tシャツや旗、人物の横顔など、ゆがみや遠近感が大きく変化する面にグラフィックを適用可能。カスタマイズ可能なメッシュは、質感のある面の動きを追跡する。このパワフルなトラッキングツールで、グラフィックの適用、タトゥーの合成、ロゴを隠す処理まで対応できる。

ウルトラビューティーでは、美容補正を行う際に、被写体を高度にコントロール可能。プロのカラリストたちと共同開発されたウルトラビューティーツールは、はじめに肌を滑らかにし、その後でディテールを戻すことで、全体的に気になる部分を補正し、被写体を自然に引き立てる。

字幕のサポートも拡大され、タイミングを指定したTTMLおよびXML、エンベッドされたMXF/IMF字幕に対応。メディアストレージの字幕の表示および読み込み、トラックごとに複数の字幕を同時にサポートする領域の作成、異なる話者を示す際の個別のプリセットおよびテキスト位置の設定が可能。

エフェクトライブラリ内のシェイプ、アイリス、ワイプカテゴリーのトランジションには新しくチェックボックスが追加され、トランジションの方向を簡単に反転できる。これにより、トランジションをより柔軟に使用でき、クリエイティブな可能性が広がる。

マルチカムビューアの新しい5×5オプションは、ひとつのマルチカムクリップ内のアングルを25個まで同時に表示。大規模なマルチカムプロジェクトに理想的で、異なるページに移動して異なるアングルを見るのに比べて、複数アングルの表示、カット、切り替えが簡単に行える。

DaVinci Resolve 18では、GPUアクセラレーションによりブラシストロークがリアルタイムで生成・表示されるため、何かを覆う処理やグラフィックデザインの作業をより直観的に実行できる。即座に視覚的なフィードバックが得られるため、作業を評価してあらゆるストロークスタイルや形状に修正を加えられる。

テキスト、テキスト+、形状のテンプレートの速度および再生パフォーマンスも向上。新しいメモリー管理およびデータ管理によって、Fusionテンプレートが最大200%高速化。処理が高速化され、その内容をビューアしながら作業できるため、モーショングラフィックスの合成をこれまで以上にスピーディに構築できる。

FlexBusは、Fairlightの柔軟なオーディオバスおよびルーティングシステムで、多数のトラック、膨大なプラグイン処理、完璧な同期、複数のプロジェクト書き出しを管理するために設計された。従来の固定バスのFairlightプロジェクトは、ワンクリックで簡単にFlexBusに変換できる。

Dolby Atmos出力ツールセットは拡張され、複雑なDolby Atmosミックスからのバイノーラル出力のレンダリングがサポートされた。これにより、Dolby 7.1.4ミックスをレンダリングして、2つのオーディオチャンネルだけでイマーシブ音声体験を維持し、ヘッドフォンで再生できる。

解除メニューの新しいオプションでは、コラボレーションが強化され、エディターは作業をひとつのタイムラインにまとめられる。ネスト化タイムラインは、FXとオートメーションを含む全トラックデータとともに解除できる。割り当ては新しいバスを使用して接続でき、既存のパスまたは新しいトラックは未接続のまま残せる。

DaVinci Resolveは、Dolby Atmos、Auro 3D、MPEG-H、NHK 22.2、SMPTEなどのイマーシブ・オーディオフォーマットを含む、最新の業界標準オーディオフォーマットをネイティブサポート。スペースビュースコープは、すべてのオブジェクトおよびそれらと空間の関係性、3Dスペース内のその他のオブジェクトをリアルタイムで表示する。

 

DaVinci Resolve 18の特長

・Blackmagic Cloudをサポート。クラウドベースのプロジェクトライブラリをホスト・管理。
・新しいBlackmagic Proxy Generatorアプリでプロキシを自動的に作成・管理。
・プロキシまたはカメラオリジナルファイルの使用を選択可能。
・インテリジェントなパスマッピングをサポート。ファイルを自動的に再リンク。
・プライベートサーバーでプロジェクトライブラリのパフォーマンスが向上。
・新しいオブジェクトマスクは数千のオブジェクトの動きを自動的に認識・追跡。
・新しい深度マップはシーンの3D深度マットを生成。(DaVinci Resolve Studio)
・新しいサーフェストラッカーはゆがんだ面を追跡。(DaVinci Resolve Studio)
・ResolveFXの洗練されたウルトラビューティー・ツールで高度な補正作業が可能。
・字幕のサポートが拡大され、タイミングを指定したTTMLおよびXML、エンベッドされたMXF/IMFに対応。
・エディットページのトランジション(シェイプ、アイリス、ワイプ)の反転に対応。
・新しい5×5マルチカムは最大25アングルを同時に表示可能。
・高速化したGPUアクセラレート・ペイントツールはより滑らかなストロークを実現。
・テキスト+のカラーピッカー使用時のライブプレビューをサポート。
・従来の固定バスのプロジェクトをプロジェクト設定ウィンドウでFlexBusに変換。
・Dolby Atmosイマーシブ・ミキシングを強化、バイノーラル・モニタリングに対応。
・ネスト化タイムラインをFXやオートメーションなど全トラックデータとともに解除。
・Fairlightの革新的なスペースビュー・スコープは、3D空間内の位置と関係性を表示。

 

 

ブラックマジックデザイン
https://www.blackmagicdesign.com/jp